TREK e-bikeシリーズ 電動アシストスポーツバイク ~広島のバイシクルネコモト~

スポーツバイクの世界に登場した「e-bike」「電動アシストスポーツバイク」という新たなカテゴリー。

「電動アシスト」+「スポーツバイク」という新しいスポーツバイクの楽しみ方です。

・広島の自転車事情

数年前と比べ広島の街中を走る自転車に目を向けてみる一般車(ママチャリ)が減り、

スポーツバイク(特にクロスバイク)電動アシスト自転車(ママチャリタイプ)の比率が高まっています。

地元の中国新聞に載っていた
「広島市内の電動アシスト自転車の需要が高まり売上増」という記事にもあるように、

平坦なイメージの広島市内ですが実際に自転車で走ってみると、小さなアップダウン、ストップ&ゴーする場面が多くあります。
決して一般車(ママチャリ)での移動は楽とは言えません。


「自転車での移動を快適にしたい!」という需要が高まりスポーツバイク電動アシスト自転車が選ばれているのかもしれません。

・スポーツバイク+電動アシストって!?


電動アシスト自転車は、日本の道路交通法の基準で時速24kmまでのアシストに制限されています。

これは一般車タイプ、スポーツタイプでも一緒です。

※因みにTREKの本社があるアメリカの基準では、約20マイル(時速32km)までアシストが可能です。
これまで体力的な理由で乗れなかった方を取り込み、急速に需要が高まっています。

時速24kmは、ママチャリからすると十分速く感じる速度かと思います。
正直なところ、スポーツバイクに普段から乗っている方からすると少し物足りなく感じるかもしれません。

あくまでもアシスト自転車です。電動バイクではありません。

・ebikeでフィットネス!!「本物のスポーツバイク」

ebikeはラクしながらも、フィットネスという目的も持っています。

時速24km以降、ママチャリタイプでは頭打ちで速度が上がりませんが、
ebikeは「スポーツバイク」がベースとなっているので、速度の伸びしろはしっかり確保されています。

更には、ハンドルの操舵性、ポジション、軽快さは「本物のスポーツバイク」です。
スポーツバイクらしい乗る楽しさもプラスされています。

自転車に求める性能と価値観は乗り手が決めるもの。 

私事ですが、私の生活スタイルではこの「e-bike」が必要で、日常の中に「e-bike」取り入れています。 

往復約20kmの通勤路には、

街中の路面電車軌道の凸凹歩道⇔車道の段差。 自宅周辺の団地特有の急勾配な上りそして下り坂があります。


搭載された42cのボリュームのあるタイヤは、街中の段差を快適に走破してくれます。 
油圧式のディスクブレーキは、急な下り坂でも安心。 埋め込みのフロント、リア共にライトはバッテリー電源から供給。

急勾配の上り坂でも電動アシストで疲れ知らずです。 

Verve+ ¥231,000-(税抜)
Dual Sport+ ¥352,000-(税抜)

この春からデビューする。TREK e-bikeの新シリーズです。ご予約受付中!!詳しくはこちら(TREKサイトへ)



TREKのe-bikeシリーズは今後ラインナップが増えていく予定です!!乞うご期待!!!