サイクリングにおススメの携行品[動画]で解説!!

サイクリングを楽しむ際に何を持って走りますか!?

携行品はなるべく[省スペース]かつ[軽量]にしたいものですね。
リスクを考え過ぎて荷物が増え重量増だとせっかくの軽量なスポーツ自転車が台無しです。

携行品はサイクリングをより快適にしてくれますが、
[サイクリングの携行品]=[リスクに備えたアイテム]といっても過言ではありません。
しっかり備えましょう!!

①フロント・リアライト(デイライト)

動画内でも紹介されていますが、安全の為には他者から視認されることが一番です。目立ちましょう!!
携行品というよりもバイクに取り付けるアイテムです。

②パンク修理(チューブ交換)アイテム

チューブ、携帯ポンプ、タイヤレバー。この3つが必須アイテムです。

その他にもタイヤ側が裂けてしまった場合のパッチ。携帯工具もあると便利です。
修理キットはサドルバッグ、ツールBOXなどに収納して持ち運びます。

③補給食

カロリー補給、足つり防止、熱中症対策など補給食によって効果は様々。
実はサイクリング時の消費カロリーを考えると、運動中にカロリー補給をする必要があります。

ですので携行しやすく運動中でも食べやすい補給食が必要になります。
ハンガーノック(エネルギー切れ・ガス欠状態)は安全なライドにも関わります。

④スマホ&お金

持ち運んで当たり前の携行品ですが一応ご紹介。

スマホは緊急時の連絡に。ルートの確認に。そしてキャッシュレス決済できるのも便利です。
小銭を持ち運ぶ必要がなく省スペースに貢献!!しかしいろいろ多用に使うとバッテリーの持ちが心配です。
お札一枚なら邪魔にならないので念のため持っておきましょう。ウォレットケースなどにまとめるとGOOD!

⑤防寒具

突然の雨。時間帯と標高による気温差。着用する1枚のウエアではすべてカバーできないことも。

コンパクトに収納可能なレインウエア、ウインドブレーカーがあればより快適に過ごせます。

これらのサイクリングに必要な携行品は、店頭でも展示・販売しております。
ご不明な点ありましたらスタッフまで!!

~広島市のTREK(トレック)ロードバイク、クロスバイク、マウンテンバイク。スポーツ自転車専門店 バイシクルネコモト~